トピックス

堅山南風 展 自然美を見つめて

6/23(木)→29(水)

6階 京王ギャラリー

※最終日は午後3時閉場

1898年岡倉天心が日本美術院を創設してから120年が過ぎ、その長い歴史の中で戦後の院展を支えた堅山南風。
「対象に誘われるままに写生する。楽しみ、慰めで自然との交わりえである。写生は作画の栄養源である。」と自身が語るように、自然との対話の中から制作をした素描を中心に展覧即売いたします。

「花菖蒲」58.4×36.2cm 共板

1898年岡倉天心が日本美術院を創設してから120年が過ぎ、その長い歴史の中で戦後の院展を支えた堅山南風。
「対象に誘われるままに写生する。楽しみ、慰めで自然との交わりえである。写生は作画の栄養源である。」と自身が語るように、自然との対話の中から制作をした素描を中心に展覧即売いたします。

「花菖蒲」58.4×36.2cm 共板

その他の記事を見る

新宿店TOPへ戻る